Wird diese Nachricht nicht richtig dargestellt, klicken Sie bitte hier.

solarcomplex AG
 
こんにちは
27.09.2019
 

 

Vorstände der solarcomplex AG


こんにちは

2000年に私たちが「具体的なユートピア」について考えを巡らせた時、ソーラーコンプレックス社の創立の際には、2030年までにエネルギー大転換をほぼ完遂させることを企業目標に定めました。その30年のうち20年弱が過ぎ去りましたが、私たちは滞る転換の3分1をも成し遂げられずにいます。これまでの拡張スピードでは私たちの目標はまったく達成できないということは、きっぱりと言えます。 

しかしながら現在、私たちはもっと大きなユートピスト達に左側から追い越されつつあります。フライデー・フォー・フューチャー運動は2030年までにドイツが気候ニュートラルになることを要求しています。つまり30年ではなく、10年の間に。ワオ。これに比べれば我々ソーラーコンプレックス人は年老いて見えます。 

ほとんどが若い人たちによるこの要求は、もっともな理由により、いっそう切迫したものとなっています。なぜなら化石エネルギーを基盤とした持続的な豊かさという約束は、もう守られえないからです。自然資源の乱獲は彼らの未来を決定的に困難にするのであり、(それ以前の世代とは異なり)より良いものにはしません。彼らはそれを認識し、それに対して抗議しています。 

この分岐点において、過去近年の政治的イデオロギーは大きな圧力にさらされています。リベラリズムの代弁者は頑なに「禁止なき気候保全」を要求します。彼らはわずか2世代(1950頃から)ばかりが積極的に満喫した自由こそが、今私たちが集団的に陥っている危機をもたらしたということを忘却しようとしています。 

人類が自らを抑制しなければならない事は、太陽のように明確です。それを自発的に、つまり分別から、そして「ルール」によって行うのか。「ルール」は「禁止」よりもずっと受け入れられやすい単語です。あるいは無理やりに、つまり減少してゆく生存空間への苦痛に満ちた継続的な適応によって行うのか。これはまったく言葉通りに受け取るべきことです - 人口密度の高い海岸地域は上昇する海面に押し迫られ、温暖と思われていた気候地帯(地中海地方も)は砂漠拡大に押し迫られ、そこそこ良い環境で生きられる場所には「自宅」が耐えられなくなった多くの人々が押し寄せます。 

「禁止なき気候保全」は純粋な現実逃避主義であり、人々を愚弄しています。「法なき気候保全」と言うならば、この愚かさはいっそう明確になるでしょう。生存を脅かす危機においては、もちろん新しいルール、新しい法律、そして禁止も必要です。 

間違った理解の自由愛は、今日この惑星に住む多くの人々の自由を、そして未来の世代の命と自由についてはことさらに、危険にさらします。間違った自由愛の最終的な帰結は、「破滅の自由」という事になります。自由を愛する人間は、戦闘用語の「禁止」と格闘するのではなく、私たちの集団的な生き残りのためのルールがどうあるべきか議論すべきでしょう。 

「時速120キロメートル以上で車を走らせる人はいない」というのが、そういったルールのひとつです。しかもとても理性的な。温暖化ガスと燃料の節約や、事故やそれによる人間の苦しみの減少と並んで、このルールは次の中心的な認識を表現しています - 私たちは自らを抑制しなければならず、それを自発的に行うという事です。 感謝とソーラーコンプレックスなご挨拶と共に
            
              

フロリアン・アルムブルスター、ベネ・ミュラー、エバーハルト・バンホルツァー

 

 
ソーラー増設戦略は順調

 

前回の年半ばのニュースレターの中で、私たちは2019年の太陽光の拡張目標を4メガワットに上げることをお伝えしました。その間、現在ある依頼だけでも5メガワットが設置されることが分かっており、その先の依頼もパイプライン上にあります。安いソーラー電力のメッセージは、時間がかかりましたが、ようやく人々の耳に届きました。

www.solaroffensive.info

 
750 kW PV-Dachanlage in Meßkirch
 

 
大型太陽熱温水器の設計依頼

 

シグマリンゲン村では軍宿舎のあった土地における大きな利用転換地区が計画されています。イノベーティブなエネルギーコンセプトにより、電力・熱・交通のエネルギー供給を段階的に再生可能エネルギーに転換し、周辺系統とのエネルギー交換が最小化された地区の実現が目指されています。その際に様々なエネルギー技術のパッケージが投入されます。ソーラーコンプレックスは、太陽熱温水器のフィールドと大型の蓄熱バッファータンクの設計を依頼されました。弊社のビュージンゲン村やランデック村、シュルッフセ―村での経験の宝を生かすことができるエキサイティングな課題です。

 
Solarthermie
 

 
シュルッフセー村の熱供給網

 

シュルッフセー村では、熱供給網と熱供給センターの建設が今も順調に進行しています。2019年末には第一工期が終了し、約半分のお客様に再生可能な熱供給を開始することができます。お客様の数はその間に130軒に増え、数多くの大型消費者のお客様も含まれています。

シュルッフセー村の熱供給網

 
Wärmenetz Schluchsee
 

 
クレーンハインシュテッテン村の熱供給網

 

熱供給管の建設は終了し、次の数週間でお客様の建物への最後の接続作業が済みましたら、プロジェクトは私たちにとっては完了です。クレーンハインシュテッテン村では、弊社は熱供給網の設計と建設監督を委託されていたに「すぎ」ません。今後の運用を行うのは、熱供給会社ライバーティンゲン有限会であり、自治体の100%の子会社になります。

自治体クレーンハインシュテッテンへ

 
Nahwärme Kreenheinstetten
 

 
ハウゼン・イン・タール村の熱供給網

 

NRS社(ソーラーコンプレックス社とシグマリンゲン市のシュタットヴェルケの合資会社)による3つ目の熱供給網の建設は全力で進行中であり、竣工式が楽しみです。

ハウゼン・イン・タール村の熱供給網

 
Hausen im Tal
 

 
ウィンドパーク・レンゲは停止状態

 

私たちの取得した環境アセス許認可に対して、2018年5月に緊急陳情が出されていましたが、2019年2月にフライブルク行政裁判所がこれを認定しました。すなわち建設作業を開始できないということです。私たちは郡庁および行政管区庁と共に、マンハイムの行政裁判所に異議を上訴しました。これについては新たな動きはありません。

ウィンドパーク・レンゲについて

 
 

 
ゲヌスシャイネ有価証券の一種発行のラストスパート

 

ゲヌスシャイネ(有価証券の一種)の新規発行は好評で、間もなく全額分が発行されます。全額500万ユーロ分のうち420万ユーロが発行されました。一口3000ユーロで、最短償還期間は3年間、利子は2.5%です。

ソーラーコンプレックス社のゲヌスシャイネ

 
solarcomplex Genussscheine
 

 
ソーラーコンプレックス社の視察案内

 
ソーラーコンプレックス社では、専門従業員によるソーラーコンプレックス社のプロジェクトへの視察案内を行っています。省エネ建築、バイオエネルギー村、風力発電等。お問い合わせに応じて、具体的なご提案とお見積もりを作成致します。お問い合わせは、担当者Jutta Gauklerまで。: gaukler@solarcomplex.de
 

www.solarcomplex.de

 
Besucher bei solarcomplex
 

 

転送歓迎


 

このニュースレターをご推薦下さい:このニュースレターを興味のある方々に転送して下さることを歓迎します。

次のリンクから私たちのニュースレターの購読申込を行うことができます。


 

 
 

 

 

ソーラーコンプレックス社のニュースレター日本語版は、ミット・エナジー・ヴィジョン社との協力により実現されています。

 
 

 
Impressum

 

solarcomplex AG, Ekkehardstr. 10, 78224 Singen
Telefon 07731 8274-0
Fax 07731 8274-29
mail box@solarcomplex.de
net www.solarcomplex.de

Eingetragen im Handelsregister des Amtsgerichts Freiburg HRB 701484
Sitz der Gesellschaft: Singen
Vorstand: Florian Armbruster, Eberhard Banholzer, Bene Müller

Vorsitzender des Aufsichtsrates: Prof. Dr. Rainer Luick

Unsere Datenschutzerklärung finden Sie hier.

 


Wenn Sie diese E-Mail (an: unknown@noemail.com) nicht mehr empfangen möchten, können Sie diese hier kostenlos abbestellen.