Wird diese Nachricht nicht richtig dargestellt, klicken Sie bitte hier.

solarcomplex AG
 
こんにちは
12.12.2018
 

 

Vorstände der solarcomplex AG


こんにちは

私たちは日々新たに光を見るのか、影を見るのか、絶望せんとするのか、あるいは喜びを感じるのかを自ら選ぶことができます。

絶望的になるものとしては、現在のドイツ政府のエネルギー・気候政策があります。気候政策的な必要性からかけ離れたものであるからです。例えば、段階的な脱石炭発電のための委員会で、カトヴィツエ会議前に発表される予定であった報告書が来年に持ち越されたこと。交通政策でも、野心的なCO2排出量規制値の導入や、ディーゼルによる過剰な酸化窒素排出対策が阻害されていること。あるいは中・大規模の太陽光発電の屋根置き設備(40~750kW)の買取価格が下げられること。これについては、この数年間というもの、連邦政府が自ら設定した太陽光の拡張目標(年2500メガワット)が全く達成できていなかったこと、それが今年になってようやく達成できそうなことを知っておかねばなりません。さらに新規設置される太陽光の出力は、電力顧客の支払う再エネ法の課徴金額に対して、もはや何らの影響も及ぼさなくなっていること、そして2019年には18年と同様に前年比で課徴金額がやや下がるということ、コストのピークは越えたのだということも知っておかねばなりません。

太陽光発電の52GWという設置上限値が維持されることも、非常に間違った信号です。なぜならあらゆるシナリオにおいて、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためには、太陽光発電の設置出力を約4倍は増やさなくてはならない、と結論されているからです。酷いことですが、この政府が、自ら設定した温暖化防止目標や再エネ拡張目標を、まったくどうでも良いと考えていることは明らかです。

喜ばしいこととしては、ソーラーパークにおけるハチの生息空間を充実させるための、ボーデン湖基金と私たちの共同クリスマス・アクションがあります。このアクションは、自然に対して二重の配当をもたらします。太陽光発電=気候保全、花いっぱいの草原=自然保護という意味です。ソーラーパークは、バーデン=ヴュルテムベルク州の将来の電力供給の中核をなす要素です。私たちは、これまでに15メガワットを50ヘクタールの土地に実現してきました。これらはクリーンな電力だけでなく、エコロジカルな価値の高い土地にもなっています。無農薬、無化学肥料、重機により土壌が圧縮されることもない。このような土地では多様性の大きな、豊な動植物が育まれます。絶滅危惧種が生存し続けられる貴重な場所であり、この状態は何十年も維持されることから長期的な自然と種の保全が可能になります。ソーラーパークは、私たちの景観の中のビオトープネットワークや、生物多様性を豊かにするための飛び石の一部として役立つことができるのです。

私たちは、ソーラーパークの敷地の生態的な価値をよりいっそう高め、追加の生息空間を創造していく予定です。この数か月の間には昆虫、とりわけ野生のハチの劇的な減少についての報道がありました。これに対して、私たちは通称ハチホテルと呼ばれるハチの営巣を補助するボックスを設営することで対処していきたいと思います。著名な野生のハチの専門家のデザインに基づき、障害者の施設で生産されたものです。当面の目標は100個のハチホテルです。これにより自然保護と気候保全は対立するものではなく、連合体であることを示したいと思っています。

またボーデン湖基金ではハローキッズプロジェクトの一環として、気候保全と再生可能エネルギー、そして自然保護の関連性を授業に反映させていくために、学級との共同作業を行っています。この共同作業では、子供たちは自然や庭、農業における昆虫の意味を遊びながら覚え、私たちのソーラーパークにて昆虫の生息空間を改善するための具体的な作業を行います。

同志の皆様、私たちのアクションの里親となり、ボーデン湖基金にハチホテルひと箱につき100ユーロを用途限定で募金下さい。税控除が可能な募金証明書が発行されます。

Volksbank Konstanz-Radolfzell
IBAN:DE 98 6929 1000 0210 7950 06
BIC: GENODE61RAD
用途:Solarpark als Naturparadise

ソーラーコンプレックスなご挨拶と共に
            
              

フロリアン・アルムブルスター、ベネ・ミュラー、エバーハルト・バンホルツァー

 

 
太陽光拡張が再び加速

 

地域で最も大きな屋根置き型の太陽光発電(ボドマン、378kW)が運転開始した後、現在は複数の100kW設備の建設が進行中です。合計すると2018年に弊社では2MW弱の新設を達成します。新設が再び加速しています。

ソーラーコンプレックス社の自家消費向け太陽光発電事業

 
PV auf Obsthalle in Bodman
 

 
クレーンハインシュテッテン地区の熱供給網

 

ライベルティンゲン地域熱供給(有)会社は、自治体が所有する企業であり、長年ひとつの地域熱供給網を運用してきました。今回、クレーンハインシュテッテン地区に2つ目の地域熱供給網が建設されることになり、弊社ではその設計と建築監督の委託を受けています。熱供給網の3分2が竣工し、残りは2019年春に建設されます。

自治体クレーンハインシュテッテンへ

 
Nahwärme Kreenheinstetten
 

 
ハウゼン・イン・タール村の熱供給網

 

NRS社(ソーラーコンプレックス社とシグマリンゲン市のシュタットヴェルケの合資会社)による3つ目の熱供給網のための業者入札が行われました。ここでもバイオガス発電からの排熱をベース熱源として利用し、ガラスファイバーのための空配管を同時に埋設します。建設開始は2019年3月です。

ハウゼン村の熱供給網

 
Hausen im Tal
 

 
シュルッフセー村の熱供給網

 

シュルッフセーでは建設作業が開始しましたが、メインの工事は来年からです。弊社はこのプロジェクトに総額870万ユーロの投資を行い、ここでも木質バイオマスと大型太陽熱温水器に基づく大きな熱供給網を建設します。100棟以上の建物の所有者が、間もなくスタートする地元の再生可能な熱供給を楽しみにされています。その中には、すべての自治体の建物と多くの大型消費者が含まれています。

シュルッフセー村の熱供給網

 
Wärmenetz Schluchsee
 

 
ボンドルフ村の第3熱供給網

 

ボンドルフ東区の住民から、この地区に(いつ)熱供給網が届くのか、という問い合わせが増加していました。また暖房用オイル価格が、1リットルあたり80セントを上回りました。そのため弊社は、ボンドルフ村で3つ目、そして最後の熱供給網の区画に着手することを決断しました。2回の公開イベントと住宅所有者のための個人相談会を行った後、弊社は確信に至りました。:来年にもこのプロジェクトは継続し、ボンドルフ村の熱供給網は完結することになるでしょう。

ボンドルフ村の地域熱供給網

 
Bonndorf im Schwarzwald
 

 
ゲヌスシャイネ(有価証券の一種)の新規発行

 

新しいゲヌスシャイ(有価証券の一種)の新規発行は好評で、既にほぼ100万ユーロが発行されました。発行されるのは500万ユーロ分で、一口3000ユーロとなります。最短償還期間は3年間、利子は2.5%です。

ソーラーコンプレックス社のゲヌスシャイネ

 
solarcomplex Genussscheine
 

 
2019年2月ベネ・ミュラー氏の日本講演会

 

ソーラーコンプレックス社の創設者、経営者の1人であるベネ・ミュラー氏が、2019年2月に日本に講演に訪れます。一般公開される予定の講演会は下記となります。2月9日(土)明石市、2月11日(月)秋田市、2月12日(火)鶴岡市、2月14日(木)市川市、2月18日(月)東京都。お申込先・場所・時間等の詳細は、年明けに別途メールにてご報告します。

 
Bene Müller
 

 


 

日本語の書籍のご案内 「進化するエネルギービジネス~100%再生可能へ!ポストFIT時代のドイツ」


ソーラーコンプレックス社の最新事業の事例も交えて、現地在住の日本人ジャーナリストによる最新情報が紹介された本です。ポストFITのビジネスモデルから自然と調和する持続可能な発電設備の開発まで。日本のAMAZONのサイトから購入できます。

www.amazon.co.jp/dp/488028095X/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_UiHTBbJGPJB7M

 
 

 
ソーラーコンプレックス社の視察案内

 
ソーラーコンプレックス社では、専門従業員によるソーラーコンプレックス社のプロジェクトへの視察案内を行っています。省エネ建築、バイオエネルギー村、風力発電等。お問い合わせに応じて、具体的なご提案とお見積もりを作成致します。お問い合わせは、担当者Jutta Gauklerまで。: 

gaukler@solarcomplex.de

 
Besucher bei solarcomplex
 

 
転送歓迎

 

このニュースレターをご推薦下さい:このニュースレターを興味のある方々に転送して下さることを歓迎します。

次のリンクから私たちのニュースレターの購読申込を行うことができます。

 

 
 

 
転送歓迎

 

ソーラーコンプレックス社のニュースレター日本語版は、ミット・エナジー・ヴィジョン社との協力により実現されています。


www.mit-energy-vision.com/

 
 

 
Impressum

 

solarcomplex AG, Ekkehardstr. 10, 78224 Singen
Telefon 07731 8274-0
Fax 07731 8274-29
mail box@solarcomplex.de
net www.solarcomplex.de

Eingetragen im Handelsregister des Amtsgerichts Freiburg HRB 701484
Sitz der Gesellschaft: Singen
Vorstand: Florian Armbruster, Eberhard Banholzer, Bene Müller

Vorsitzender des Aufsichtsrates: Prof. Dr. Rainer Luick

Unsere Datenschutzerklärung finden Sie hier.

 


Wenn Sie diese E-Mail (an: unknown@noemail.com) nicht mehr empfangen möchten, können Sie diese hier kostenlos abbestellen.